GSP(Generalized System of Preferences)

一般特恵関税制度で開発途上国からの輸入貨物に一般よりも低い関税率を適用し、それによる開発途上国の輸出所得の増大、経済発展をはかるための制度です。