通関

貿易において貨物を輸出入する者が、税関官署に対して貨物の品名、数量、価格などに関する事項を申告し必要な検査を受けた後に、輸入の場合は関税等を納付し税関から輸出入の許可を受ける手続きです。許可を得ないと輸出入が完了したとはならず、輸出の場合は内国貨物から外国貨物にならず船積ができません。また輸入の場合は外国貨物から内国貨物にならず、保管地域から引き取ることができません。