税関検査

社会悪物品の流入阻止、貿易秩序の維持、関税等の適正な徴収等の確保を目的に申告の内容と現品との同一性の確認が行われます。具体的には
①輸入禁則品の有無
②関税関係法令以外の法令(他施)による許可・承認の要・不要
③原産地誤認を生ずる表示の有無
④適正な納税申告がされているのか確認